スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背徳8 (ゆうじ)

[20511] 背徳8 ゆうじ 投稿日:2007/06/03 (日) 19:35
 (貴方は、本当に私が貴方以外の人にこういうことをしても平気なの?)
 常にも増して丹念な妻の舌使いよりも、私はいつもと違う妻の反応に下半身を固くしていました。
 (多分、平気ではない思う、でも、どうしても観て見たいんだ。エッチなビデオや写真ではなく、お前がしてくれているところを観たい。その結果、僕の気持ちがお前から離れることはないし、いや、それよりも、僕の無理を聞いてくれたお前をもっと愛しくなる自信がある)
 妻は無言で私のペニスに舌を這わせ、ねっとりと口に含みます。そして、私を見上げ、まるでアダルトビデオの女優のように瞳を潤ませながら、既に反り返った肉棒に刺激を加えていくのです。
 (わかった、ゆうちゃん、いいよ。してあげる。でも、条件があるんだ) 
 (え?本当?どんな条件?)
 (それはね)
 ひとつは、写真やビデオは一切撮らないこと。
 そして、これまで自分に内緒で撮影した携帯の写真も、全部消去すること。
 そして、最後に、もし、自分が貴方以外の人に抱かれて感じてしまっても、絶対に怒らないこと。
 (そんなことでいいなら)
 私は妻の変化に狂喜し、固く約束を交わしました。
 (で、どうすればいいの)
 妻の問いに、私は思いもしなかったので、これから考えると口ではいいながら、実は思考の中で中島氏の存在を強く意識していました。
 そして、その翌日、私はさっそく中島氏に電話をしたのです。
  
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

tsumaplay


1日に4話更新の予定です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。