スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背徳5 (ゆうじ)

[20181] 背徳5 ゆうじ 投稿日:2007/05/25 (金) 19:16
 旅行から戻り、私たちの性生活は一変しました。
 私にとり、ホテルでの一件がよほど刺激的だったのでしょう。事実、私は、あの瞬間ほど妻の肉体を生々しく感じたことがありませんでした。
 他人に観られることを承知で最愛なる妻を全裸にし、背後から貫く私。
 他人に観られることを承知で最愛なる夫に貫かれ、妖しく腰をくねらせる妻。
 もし、あの時、私がすぐに果てることなくもっと激しく妻を責めたのなら、妻は更にエスカレートする私の要求に応えたであろうか。。。
 あの時の妻は、驚くほど華奢で、すぐに砕け散ってしまうガラス細工のようだった。
 そのガラス細工のような妻に、私はこれまでに無いほどの体温と、愛着を感じたのだ、
 私は、
 夢想の狭間で淫靡な欲望が下半身に硬く凝り固まるのを感じると、
 (愛、こちらへおいで)
 と、テレビの前で他愛なく笑い転げる妻を手招きします。
 私が座っている場所は、リビングにあるゆったりと大きなソファの上で、その背後には窓があり、2階にある私たち夫婦の部屋の窓からは、幾台もの車が駐車されているパーキングと、民家の明かりが臨めます。
 妻は、促されるままソファに乗って私を跨ぎ、顔の前で立ちふさがるような姿勢で両手を窓についてミニスカートに包まれた下半身を私の眼前に晒すのです。
 私はひとしきり、ミニスカートから剥きだされた太股や、小さな面積の布切れに包まれた小ぶりな臀部を撫で回すと、ゆっくりとその布切れを下げて行き、両方の足首から抜き去ります。
 目の前に、私の愛撫を切ないほど待ち受けている妻の肉襞があります。
 私がその肉襞に、
(ふぅ)
 と息を吹きかけると、妻の肉体がピクリと反応し、
 (意地悪しないで、、、)
 と妻が切なげに見下ろしながら言うのです。
 肉襞に舌を這わせると、そこは既に熱く潤い、生温かい塩味が舌先に広がります。
 それだけで妻は朦朧とし、官能に全てを奪われてしまうのです。
 (これから、どうすればいいか、分かってるだろう?)
 ぞっと鳥肌が立つほどの美貌が歪み、妻が恐る恐る窓のカーテンを開いていきます。
 不安そうな眼差しでガラス越しの駐車場を見つめる妻の眼。
 舌が這うたびに、熱く蕩けてゆく妻の陰部。
 そして、体が反応するたびに、たおやかに揺れる形の良い乳房。
 私はその全てを下から見上げながら、無情にも身に着けている全ての衣服を脱ぎ去り、一糸まとわぬ全裸になるよう、命じるのです。 
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

tsumaplay


1日に4話更新の予定です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。