スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たった1度の体験-8 (エロシ)

[20234] たった1度の体験-8 エロシ 投稿日:2007/05/27 (日) 14:42
「やめてよ~、、もういやー、、、あああ!」もう一人の男の手が妻のオ○○○に
ふれました。「奥さん、大人のオ○○○だね~、いやらしくていい形だ」「おい、早くしろ!
腰がもたねー、早くくわえちゃえよ!」「ちょっと待ってくださいよ」男は中指を妻の中に
入れていきました。「ああ!」妻が足を伸ばそうとしました。
「おっと!おい、もう離すぞ」もう一人の男は人差し指も入れていきました。

「ィヤアー!」妻は上体をひねりました。「○○さん、すげー、中ザラザラしてるよ」
「ザラザラ?おい、ちょっと代わってみろ」「ダメですよ、○○さんもう代わってくれないから
、、ああ!すげー奥さん、俺の指締め付けてきた、すげー」「ああ、やめてよー」
「おい、だめだもう腰もたねー、ほんとに離すぞ」「わかったよ、それじゃ奥さん、いただくよ」
「アアアン!」男の頭が妻の股間に埋まりました。「う~ん、ピチャ、ピチャ、、あー、
うまい奥さんのオ○○○、うまいよ、うーん」「はなすぞ、いいな!」男は妻に吸い付いたまま
ウンウンとうなずきました。日焼けした男はヨタヨタしながら男の両肩に妻の太ももを下ろしました。すかさずもう一人の男は妻の付け根をおさえました。

 閉じようとしたモモが男の頭をきつく締め付けました。ジュジュッジュジュッ!男が妻の
マ○○汁を吸い取る音が響きました。「アアン!」妻は片手を男の頭に伸ばしましたが
腰の下に入れられた枕が効いて体を起こせないようでした。ピンクに染まった妻の顔は
すでに目が潤んでいるようにみえました。やがてあきらめて体を投げ出した妻は股間を
吸われるままになっていきました。舌の動きか「アン!」と時どき体をのけぞらせ、
はさんだモモを頭にこすりつけていました。男は両手でモモをさすりながら「うんうん」
吸い付いたままうなっていました。

 しばらくすると、頭をしめつけている妻の太ももの動きが変わってきました。時どき
モモが開きそうになっては締め付け、また開きそうになり、締め付けるモモがゆるんできました。
「ウン」と手を噛むようにしていた妻が声を漏らすようになってきました。
日焼けした男もその様子をジッと見ていましたが、そっと近ずくと男の背中を指でツツキ
ました。男に何かささやき、妻の右ひざをつかみました。男の顔が妻の股間から離れると
妻の左足をアゴで合図しました。男は離れざま妻の左ひざを両手でつかみました。

 異変に気ずいた妻は体を起こそうとしたようでしたが、体はもう動けないようでした。
わずかに顔をおこし、日焼けした男が自分の中に入ろうとしているのを見て手でオ○○○
を隠し「ダメ○○さん、お願いだからやめて、、いけない!ダメいけない!」もう声にも
力がありませんでした。日焼けした男の腰はすでに枕にのった妻の股間にありました。
「気持ちよくしてやるからな、奥さん、俺のをよ~く味わいなよ」
男は股間をおさえた妻の手にキ○○○をこすり付けました。
「あ~なんで女の手ってこんなにきれいなんだろな~、、奥さん、どうだい?俺のキ○○○、
ギンギン熱くなってるだろ、奥さんの中に入りたくってこんなになってるんだぜ」
「やめて」妻は両手で股間を隠したまま動きませんでした。日焼けは妻の指の間から
自分の指をなんとか妻のオ○○○に入れたようでした。
「オオーッ、熱いな奥さん!いいぞいいぞ、、ホーこりゃスゲーな、ミミズなん匹ってやつか?」
「ね、ザラザラすごいでしょ」「ん~、それにグングンくわえ込んでくるな、い~オ○○○
してるじゃねーか奥さん、今まで旦那と何人楽しませたんだ?、、一人や二人じゃねーだろ」
妻は泣きそうな顔をして横に振っていました。
「ん~?そんな事ねーだろ、奥さんのオ○○○俺の指に吸い付いてくるぜ、旦那だけじゃ
もったいねーや」
「○○さん、俺もー我慢できねーよ、早くやっちゃってよ、見てるだけで出ちまうよ」
「ハッハッ、奥さんのい~い表情みてるとなんか言いたくなっちゃってな、奥さん、
こいつ出そうになったら口で吸い取ってやってくれよ、な、」
妻は必死に顔を横に振っていました。手にスキができたのかオ○○○を押さえていた腕を
日焼けは両脇におろしました。「オイ!」妻の左腕をもう一人が押さえました。
右腕と右太ももを日焼けは腕と体で押さえました。前に傾けた日焼けの幅の広い腰は
妻の股間を充分に開きました。妻の濡れて光ったオ○○○の中心がすでに口を開いて
いました。
「○○さんいけない!お願い!あああ!!」パン!と大きな音がしました。
日焼けの物がいっきに妻の股間を貫いていました。
「ん~!あっついな~、、、奥さん、ん~、熱いよ奥さん!」
「ダメダメ、ぬいてぬいて、○○さんダメだったら・・ァアッ!」
日焼けはゆっくり抜くとパンッ!とまたいっきに貫きました。
「ん~、あつい、奥さんいいぞ、んん~、奥さんの中あっついな~!」
「ああっ!いけない・・んん~」
日焼けはゆっくり抜くと又パンッ!と打ちつけました。
「○○、グイグイ締め付けてくるわ、、奥さん、ダメだもたねーよ、あんまり締め付け・・
ッチー!ああっ」日焼けはあわてて抜きました。「アアッ!」いきなり抜かれて妻も声を
あげました。妻のオ○○○はパックリ口を開けていました。日焼けは息を荒げてうなだれて
いました。「○○、もたねーや、終わすから肩押さえてろ」もう一人が妻の上にまわり、
妻の両肩をおさえつけました。「奥さん、中出しちゃっていいか?」妻は「ダメ・・」
小さな声でいいながら首をけだるそうにふりました。「○○さん、そりゃまずいよ」
「そうだな、よく押さえてろな」日焼けはググッと入れていきました。「クーッ!たまんねーな
いくぜ奥さん」妻の骨盤が折れてしまうかと思うほど日焼けの突き上げは乱暴でした。
パンッ!パンッ!パンッ!とバックでもないのにもの凄い音が響きました。
妻は肩を押さえられながら上体をねじらせて大きくオッパイを揺らせ耐えていました。
「オオッ!」「アアッ!」日焼けは引き抜くと妻の腹の上にドクドクと流しこみました。
もう一人はすぐにさっきの濡れタオルで日焼けの精液を拭き始めました。いきり立った
もう一人の一物はさっき初めて見たよりさらに大きくなっているように見えました。
「奥さん、俺もたのむよ」ダランと投げ出した妻の足の間に入りました。
「もういいでしょ、かえして・・」「だめだよ俺まだ入れてないんだから」
「○○、ゆっくり入れてやれよ、奥さん今度のちょっとデカイから力抜いた方がいいぞ、
思いっきりオ○○○開いて入れさせた方がいい、なーに、入れさせりゃ、すぐ逝っちゃうほど
気持ちいいって」「いや」妻は体を起こそうとしてもう一人の一物に目が合ったようでした。
「イヤ、イヤ、」妻は起きて逃げようとしました。もう一人は妻に体を合わせて押し倒しました。
大の字になっていた日焼けは起き上がり、しぼんだチ○○をつかみました。

関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

tsumaplay


1日に4話更新の予定です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。