スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻と他人のSEX-4 最終 (テル)

[20251] 妻と他人のSEX-4 最終 テル 投稿日:2007/05/27 (日) 22:38
ずいぶん間が空いてしまいました…
打合せを終えて部屋に戻るとしばらくして妻も風呂から帰ってきました。ロビーでは男性が待っていますし、躊躇していたら実行できなくなりそうだったので、帰ってきた妻をいきなり押し倒して浴衣を脱がせました。愛撫をしながらSM用の拘束具を妻に着せます。そして、目隠しと耳栓も着けさせました。すべて「SMプレイ」いうことで妻も違和感無くすべてを受け入れます。準備が出来たので、男性に電話で合図しました。
部屋はオートロックなので、あらかじめ鍵が閉まらないように物を挟んでおきました。
男性が到着。着ているスエットを脱ぐと下着も着けておらずいきなり裸でびっくり。拘束具で胸を縛られた妻を見て、ちょっと引いたかもしれません。私はおま○こを愛撫しながら男性にバトンタッチ。胸が高鳴る一瞬です。手で愛撫したあと男性はおま○こをしゃぶり始めました。妻の声のトーンが上がります。男性の舌が妻の胸や尻をはいずりまわります。私は必死にシャッターをきりました。
男性は自分でモノをしごきながら愛撫を続けます。
妻のおま○こはもうトロトロです。早くいきり立った肉棒が欲しくてヒクヒクしています。男性もゴムを装着して準備完了。本当は生でハメていただきたかったのですが、バレたら大変なので辞めました。
仰向けに横たわる妻のおま○こに男性の肉棒が突き立てられました。
緊張の一瞬です。「バレたらどうしよう? チンコの違いって分かるのかな?」
しかし妻は肉棒を得た喜びの喘ぎ声を上げました。「大丈夫。イケる!」安心したと同時に私はその瞬間、目眩のような頭が真っ白になる感覚に襲われました。
愛する妻が、今まさにどこの誰とも分からない男性に犯されているのです。私の目の前で…。男性には彼女に対する愛は無く、妻は彼の性欲処理の道具になっているのです。ものすごく興奮しました。
正常位からバック、後から突いているときはたまに尻を叩く…など、私が見たかった事をリクエストしながら、セックスは続きました。妻は全く気づいてません。気づかないどころか、彼の激しい腰使いに反応し、脈打つ肉棒をおま○こで味わい、何度も絶頂に達しています。あの大きな喘ぎ声はおそらく隣の部屋まで聞こえていたでしょう。彼のピストンがより激しくなってきました。いよいよフィニッシュです。はじめてなのに妻は彼の射精と同時にまたアクメに達しました。ちょっとジェラシー。
男性は満足して帰っていきました。

部屋には他人とセックスして何度も絶頂を味わい、まだ体を痙攣させている妻と、その様子を見届けた私がいます。何か不思議な感じです。
目隠しを取ると妻ははずかしそうに私に抱きついて来ました。私も優しく彼女を抱き締めます。
あらためて妻を愛しい気持ちが強くなりました。名前も知らないけど、男性に感謝です。
関連記事
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

このサイトについて

tsumaplay


1日に4話更新の予定です。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。